きびもちピザ - レシピのご紹介 | 信州いきいきレシピ | 長野県商工会女性部連合会  

きびもちピザ

  • 中信
  • 春夏秋冬
  • 松川村商工会
餅を洋風にアレンジしました。餅米だけの場合より、きびを入れることによって、食感が軽く、胃もたれしにくく、味噌と山菜の漬物が風味よく絶妙な味わいです。
  • ジャンル
    洋食
解毒/代謝アップ

作り方

手順1
もち米ときびは、一緒に蒸してつき、きび餅をつくる。
手順2
つきたてのもちを好みの大きさに丸く広げ、真ん中にやや窪みをつけ、周りを薄めにしそこに味噌を塗る。
手順3
伸ばした餅にピザソースを塗る。
手順4
具は適当な大きさに切って餅にトッピングし、最後にチーズをのせる。
手順5
230℃のオーブンで10分位焼く。

材料(2人分)

きびもち230~250g
味噌少々
ベーコン適量
玉ねぎ適量
ピーマン適量
山菜の漬物(市販の物)適量
トマト適量
アボカド適量
ピザソース適量
とろけるチーズ適量
餅米:もちきび 7対3の割合

食材のこと

もちきびは、米に入れて炊くともちもちして美味しいので、特に古米に利用すると良いと思います。又、色も黄色の物は、サラダなど他の料理にも彩りを鮮やかにしてくれるので、くふう次第で応用できます。餅は丸く伸ばして沢山冷凍保存しておけます。

健康のこと

小麦粉で作る生地に比べて、マグネシウムや亜鉛、鉄、カリウムといったミネラルをしっかり補給できます。玉ねぎやアボカドに多いグルタチオンという抗酸化成分は、肝臓の解毒機能を高めます。アボカドや山菜の漬物で食物繊維を強化することで、体にため込みたくない毒素を体外へ排出する解毒作用もアップ。チーズでカルシウム、トマトで抗酸化成分のリコピンも補給。代謝アップに必要なミネラルやビタミンが豊富な一品に。