ほお葉寿司 - レシピのご紹介 | 信州いきいきレシピ | 長野県商工会女性部連合会  

ほお葉寿司

  • 中信
  • 春夏
  • 大桑村商工会
木曽谷の初夏には欠かせないほお葉を地元の特産品を使い寿司にしてアレンジしました。
  • ジャンル
    和食
骨粗しょう症予防/便秘解消/コレステロール低下

作り方

手順1
合わせ酢の材料をまぜ、寿司飯を作る。
手順2
にんじん、さつまいものつるを煮る。
(材料、手順はmemo欄参照)
手順3
煮た具、ますのうの花漬を食べ易い大きさに切る。
手順4
ほお葉を敷き、寿司飯、具を盛り付ける。ほお葉を包み完成。
※ほお葉は食べられません。

材料(15人分)

ほお葉15枚
ご飯5合
ますのうの花漬(大桑村特産品)1パック(200g)
にんじんの甘辛煮適量
みょうがの甘酢漬け適量
さつまいものつるの甘辛煮適量
合わせ酢
砂糖115g
20g
100cc

食材のこと

ほお葉巻は木曽谷の初夏の名物お菓子として有名ですが、同じほお葉を使ったほお葉寿司も当地の家庭では良く作られます。ますのうの花漬は大桑村の特産で、程よい酸味と美しい色合いがほお葉寿司に花を添えてくれます。

健康のこと

ニジマスのビタミンDと卯の花(おから)の大豆イソフラボンで骨粗しょう症を予防します。おからやさつまいものつるには食物繊維が豊富。お通じ改善効果も期待できます。鱒に含まれる脂質成分やおからの大豆たんぱくがコレステロールの上昇を抑えます。

にんじんの甘辛煮の作り方
にんじん1本千切りにし、薄口しょうゆ小さじ1、砂糖小さじ1、塩小さじ1/2で煮る。
みょうがの甘酢漬けの作り方
みょうが300gを酢1カップ、酒1カップ、砂糖大さじ1~2、塩小さじ1で漬ける。
さつまいものツルの甘辛煮の作り方
さつまいものツル(長いまま片手でもったくらい)を、下ゆでし、砂糖、酒、しょうゆ各大さじ1.5で煮る。