県青年部連合会

  • HOME »
  • 県青年部連合会

県青年部連合会

seinentitle

関連WEBサイト

hagi2

長野県商工会青年部連合会公式twitter
twitter / 長野県青連公式twitter

P00012 inpluselogo

 

長野県青年部連合会について

 

事業概要

 地域中小企業を取り巻く環境は、未だ先行き不透明な状況にある。
商工会・商工会青年部を取り巻く環境においても、行政合併や補助金体系の変化等により商工会合併や広域連携等大きな改革を迫られている。
しかし、このような状況だからこそ、商工会青年部は、地域中小企業の次代を築いていく経営者・後継者として、重要な役割を果たしていかなければならない。
本年度は、部員間ネットワーク形成の推進を更に進め、若手経営者・後継者としての資質向上に努めるとともに、活気ある地域づくりに向けた地域振興事業へも積極的に取組んでいく。

組織

県下67商工会青年部 1,249人(平成27年4月1日現在)

青年部の誓いの言葉

1.われわれ商工会青年部は、創造力と行動力をいかし、
地域振興発展の先駆者となる。
1.われわれ商工会青年部は、商工会の後継者であり、将来の中核として、
組織活性化の推進力となる。
1.われわれ商工会青年部は、社会一般の福祉の増進に努め、 新しいまちづくりの
原動力となる。

イベント報告

平成27年度 全県研修会開催

 去る、2月9日(火)松本市「ホテルモンターニュ松本」において、平成27年度全県研修会を開催しました。
 講師二人をお招きしての研修会。一人目は、「地方創生マーケティング 地域に眠る宝を売れる
~商品化し集客するノウハウ~」と題し、㈱ブルームス代表取締役の沖野真紀氏が講演されました。
 
   (講師の沖野真紀氏)
沖野氏は、インバウンドビジネスのでの成功例を挙げ、「同じアジア人でも国により好みや考え方が違い、その国・文化にあった商品を開発しプラスアルファーすることで購買動機が上がる。顧客を知り、理解する事がとても重要だ」と説明され、またインターネットを使った情報発信方法として、SNSの有効利用法なども解りやすくお話ししてくださいました。
 続いて「価格競争から価値競争へ」と題し、㈱生産者直売のれん会 代表取締役社長の黒川健太氏による研修会を開催しました。
 
                                (講師の黒川健太氏)
黒川氏は、自身が携わった全国各地の具体的な事例を挙げ、「発想の転換をし、独自の市場を設定してナンバーワンになる」「如何にして自社の商品をブランド化し、価値を上げていくことができるか」「失敗を恐れずチャレンジし、失敗したとしてもそれを経験に変えてチャレンジする事が大切」等、地域を活かすブランドの取り組み方を解りやすくお話しされ、出席者75名の部員にとって大変有意義な研修会となりました。

県青連・県女性連結成50周年記念式典開催

県青連・県県女性連は10月27日(火)に長野市「ホテルメトロポリタン長野」において、県青連・県女性連結成50周年記念式典を盛大に開催しました。
結成50周年という節目の年にあたり、地域における青年部・女性部の役割を再認識し、これを契機に更なる県青連・県女性連の事業活動の充実を図ることを目的に、記念講演、記念式典・表彰、記念パーティーの3部構成で、県下商工会青年部・女性部員300名余と御来賓20名余の御参集をいただきました。
記念講演では、読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏より「どうなる日本の政治と経済」と題して御講演をいただきました。


(読売新聞特別編集委員 橋本 五郎氏)

続いて行われた記念式典では、県青連重盛会長の挨拶や北城筆頭副会長より県青連の年表に基づき、50年のあゆみを説明し、県青連の軌跡を振り返りました。


(あいさつを述べる重盛県青連会長)


(50年のあゆみを説明する北城筆頭副会長)

 表彰では、組織の先頭に立ち、その時々の青年部を導いていただいた功績を讃え、御臨席いただいた10名の歴代県青連会長の皆様に感謝状の贈呈が行われました。
また、パーティーでは、県下商工会青年部より御提供いただきました写真を「フォトストーリー」にして、会場内のスクリーンで上映し、50年のあゆみを映像でも振り返りました。

部員増強運動全国第1位!「第17回商工会青年部全国大会(兵庫大会)」

11月10日(火)・11日(水)「響周(ひまわり)~20年目の未来~」を大会スローガンとし、兵庫県神戸市の神戸国際展示場において、全国の商工会青年部員約3,000人が一堂に会し開催されました。
主張発表大会では、全国の6ブロックの代表が発表し、中部ブロック代表の石川県森本商工会青年部の鷹箸直樹氏が最優秀賞となりました。
また、大会の中で部員増強運動の表彰が行われ、連合会部門で長野県が部員増加数の全国1位、商工会部門で長野市が部員増加数と新規加入実績において、それぞれ全国1位となり、ステージ壇上で表彰されました。また、商工会部門の部員増加数で、辰野町が全国3位、高森町と戸倉上山田が全国5位となりました。


(壇上で表彰された重盛県青連会長(左)と原山県青連副会長(長野市商工会青年部長))

 

野球大会準優勝!「関東ブロック商工会青年部連絡協議会大会」

去る、10月22日(木)茨城県水戸市民球場にて、関東ブロック商工会青年部連絡協議会野球大会が開催され、本県からは東信地区で編成されたメンバーが長野県選抜チームとして出場しました。
今年は、8県9チーム(昨年度優勝チーム含む)が出場する中、本県は昨年度の優勝チームに勝ち、決勝まで勝ち進みました。結果は、惜しくも準優勝となりましたが、出場されたメンバー皆さんの健闘を讃えたいと思います。


(準優勝の長野県選抜チーム)

 

平成27年度通常総会及びリーダー研修会開催

去る、5月7日(木)・8日(金)松本市「松本東急REIホテル」において、平成27年度通常総会及びリーダー研修会を開催しました。
通常総会では、提出された4議案がすべて原案どおり承認決定され、任期満了に伴う役員改選では、新会長に箕輪町の重盛秀敏氏が選出され、新体制がスタートしました。


(新体制となった役員の皆様)

 また、部員増強運動に関して小林会長から成績優秀な青年部として、川上村商工会青年部と箕輪町商工会青年部へ感謝状の贈呈が行われました。
併せて開催した、主張発表大会では、県下4地区の代表が発表を行い、審査の結果、箕輪町商工会青年部の五十嵐 学氏が最優秀賞を受賞し、9月に開催予定の関東ブロック大会へ長野県代表として出場します。


(最優秀賞を受賞された 五十嵐 学氏)

 リーダー研修会では、「市場開拓、販路開拓に役立つコミュニケーション能力の向上について」と「着地型観光モデルの事例研究とその応用について」をテーマにして講演会を行い、有意義な研修会となりました。


(熱心に受講する青年部員)

観光ガイドブック「お出かけ食べルート」を発行!!

 県青連では、県女性部連合会と共同で、新たな魅力を持つ観光ルートを掲載した観光ガイドブック「信州お出かけ食べルート」を作成しました。
ガイドブックは、県内外の観光関連施設などで配布しております。
ガイドブックで信州を思う存分お楽しみくださいませ。
WEBサイトでも観光ルートを紹介しております。
右側サイドメニューのお出かけ食べルートバナーからサイトにお入りください。

img_tabe

 

PAGETOP