お知らせ

平成29年度上席専門経営支援員の経営支援事例を公開しました。

H29年度の上席専門経営支援員の経営支援事例を公開しました。 追加事例のNoはNo11~No19です。 是非ご …

個人住民税の特別徴収義務のご案内

【所得税の源泉徴収義務のある事業主の皆様へのお知らせ】 平成30年度から、原則全ての事業主が個人住民税の特別徴 …

COMPASS
CLUB

商工連ながの トピックス

商工連ながの
2017.11 Vol.370号を掲載しました。

●商工会長会議
●会員増強で組織強化を!
●食品加工業の作業マニュアル作成支援事例
ー上席専門経営支援員の支援事例紹介ー
●「ものづくり補助金」を通じた会社の魅力づくり
●こうみP-ポイントカード事業/小海清流ふれあい橋ビアガーデン  ・・・等


商工会活動の活性化を図る -商工会長会議開催-

10月19日(木)、今後の商工会活動の活性化を図るため、立科町「池の平ホテル」で商工会長会議を開催しました。会議の冒頭、柏木会長から「現在の商工会を取り巻く状況は、会員の減少、後継者不足など非常に厳しい状況にあります。今年度商工連においては、引き続き『商工会中期マスタープラン』の推進を掲げて事業に取り組んでいます。」と挨拶がありました。

H29年度商工会会長会議
[ 挨拶をする柏木会長 ]

観光で地域を活性化 -観光振興シンポジウム開催-

会長会議に続いて、観光振興シンポジウムが開催され、基調講演として「これからの長野県観光」と題して大正大学地域構想研究所の清水愼一教授から講演いただきました。
続いて「県内観光の実態と今後の観光振興策について」と題してパネルディスカッションを開催しました。

観光振興シンポジウム
[ 清水愼一教授 基調講演 ]

パネルディスカッション
[ パネルディスカッションの様子 ]

PAGETOP