産業全体の景気概要

 長野県商工会地域の7〜9月期の景況を前年同期比のDI(増加企業割合から減少企業割合を引いたもの)でみると、次のとおりである。

「売上額」のDIは、製造業8.7%、建設業▲11.4%、小売業▲5.9%、サービス業▲7.9%で、対4〜6月期(以下前期比という)のDIと比較して、製造業▲21.7 ポイント、建設業8.5 ポイント、小売業7.6 ポイント、サービス業1.2 ポイントとなった。

【グラフ1】売上(完成工事)額の推移、前年同期比
【グラフ1】売上(完成工事)額の推移(クリックすると拡大版が別ウィンドウで開きます)

「採算」のDIは、製造業8.7%、建設業▲17.1%、小売業▲16.2%、サービス業▲20.2%で、前期比でみると、製造業▲15.2 ポイント、建設業▲11.4 ポイント、小売業3.2 ポイント、サービス業▲2.1 ポイントとなった。

【グラフ2】採算の推移、前年同期比
【グラフ2】採算の推移(クリックすると拡大版が別ウィンドウで開きます)

「業況」のDIは、製造業23.9%、建設業▲2.9%、小売業▲12.0%、サービス業▲18.0%で、前期比でみると、製造業▲10.9 ポイント、建設業▲17.2 ポイント、小売業7.4 ポイント、サービス業2.7 ポイントとなった。

「資金繰り」のDIは、製造業17.4 %、建設業5.7 %、小売業▲11.8 %、サービス業 ▲10.4%で、前期比でみると、製造業4.0 ポイント、建設業11.4 ポイント、小売業▲4.2 ポイント、サービス業▲2.1 ポイントとなった。

「来期の見通し」のDIは、売上では、製造業2.1%、建設業▲8.5%、小売業▲19.2%、 サービス業▲4.5%となっている。

「設備投資」の7〜9月期の実施状況は、前期比でみると、製造業8.7 ポイント、建設業 ▲2.9 ポイント、小売業4.3 ポイント、サービス業1.0 ポイントとなった。

また、来期(10 〜 12 月期)の設備投資の計画割合は、対7〜9月期での計画割合と比較し て、製造業▲6.6 ポイント、建設業8.6 ポイント、小売業▲7.6 ポイント、サービス業4.4 ポイントとなっている。