08_元地域おこし協力隊員によるカフェの創業支援[平成28年度]

元地域おこし協力隊員によるカフェの創業支援[平成28年度]

支援テーマ

元地域おこし協力隊員によるカフェの創業支援

支援者

商工会名 豊丘村商工会
担当主任経営支援員名 玉本 圭一

 

専門家

専門家名 濱田 良浩
主な保有資格 上席専門経営支援員
主な専門分野 サービス業(飲食業・宿泊業)のマネジメント支援

企業概要

企業名 喫茶en
業種 飲食業
資本金
従業員数 0名

事業概要

創業(設立年月日) 平成28年6月18日
住所 長野県下伊那郡豊丘村神稲359-5
事業内容 喫茶店

 

支援の概要

◆企業概要と支援の経緯

創業者は、元々豊丘村役場に勤務していた地域おこし協力隊員である。3年の任期が切れるにあたり、村への愛着から創業を決意。役場からの紹介を受け商工会で支援を開始した。

 

◆経営課題

創業者は飲食店での経験が豊富で、経営相談を受けた時にはすでに精力的に準備を進めていた。また地域おこし協力隊員の経験から村内の様子も把握しており、提出してもらった創業計画書からも大きな課題は無いと思われた。

しかし慎重を期すため、資金計画について再度検討してもらうこと、さらに店を一人で切り盛りする為の※オペレーションの確認が必要と判断した。

 

※飲食店では調理作業とホールでの接客サービスの仕組み・手順の意

 

◆支援方法

・店のオペレーションについては、経験の無い経営指導員には支援ができないため、濱田上席専門経営支援員の協力を仰いだ。完成した店内やキッチンを実際に確認し、想定される課題とその解決方法を説明した。

・創業に至るまで、施策(補助金・融資)等、支援者への情報提供を逐次行った。

 

◆支援成果

・豊丘村創業支援事業補助金(創業時の費用を一部助成する制度)を申請することで、費用負担を軽減することができた。

・一番の支援成果は、開店日が近づくにつれ創業者に沸いてくる不安に対して、身近な相談窓口として寄り添えたことで、少しでも不安を解消できたことである。
 
jirei08_1
【手作りのメニュー表】
 
jirei08_2
【木のぬくもりのある店舗内:カウンター】
 
jirei08_3
【木のぬくもりのある店舗内:客席】

支援を受けた企業(事業者)の声

喫茶店を開業するにあたり、役場の方から、商工会を紹介して頂きました。

自分で経営していくということにおいて、原価率や人件費、活用できそうな補助金に関して助言して頂いたり、1人で事業を立ち上げる上での精神面での心構えを教えて頂いたりしました。

営業を開始してからは、日頃の経理業務、労災等の実務的な事に関して、分からないことを相談しています。

開業1年目、毎日が初めてのことばかりの日々ですが、今後とも、商工会の方々のご支援を受けながら、地域に愛されつづけるお店でありたいと思います。

 

フォローアップ

 喫茶店のオープンを豊丘村商工会のHPで紹介。これにより喫茶店のHPが検索上位に来るようになり、広くPRする一助となった。店には定期的に訪問し状況確認をおこなっている。経営者の人柄もあり村内にファンが増えつつあり、今のところ計画通りの経営ができている。

今後も各種施策の情報を積極的に提供し、引き続き気軽に相談できる窓口として支援を続けていく。